ホーム > 実績紹介 > 書籍

Works(実績紹介)|フリーライター・エディター大沢玲子

雑誌、書籍、新聞、Webなど様々なフィールドで執筆した事例の一部をご紹介します。

NEW202120202019201820172016201520142013201220112010200920072006

Book

2021.09

『たび活×住み活in埼玉』

刊行:ファーストステップ出版

著者夫婦2人旅で地方の新たな魅力を、旅行以上移住未満の視点で紹介するシリーズ本の第5弾。映画の舞台や大河ドラマ、昨今では移住先としても注目を集める埼玉の知られざる魅力を盛り沢山に解説。

2020.01

『カナダの謎』

著者:平間俊行
刊行:日経ナショナルジオグラフィック社

「なぜ『赤毛のアン』はロブスターを食べないのか?」「なぜカナダ人は楽しくカヌーを担ぐのか?」といった、知られざるカナダの素顔を解き明かす著書。編集サポートを担当。

2020.01

『たび活×住み活in神戸』

著者:大沢玲子
刊行:ファーストステップ出版

著者夫婦が“今住む東京以外の第2 の居場所”を探し、新たな視点で日本各地を巡るシリーズ本の第3 弾。ハイカラ先端都市・神戸を始め多様すぎる兵庫の魅力、観光以上・移住未満の楽しみ方を紹介。

2019.07

『「たび活×住み活」in信州』

著者・大沢玲子
刊行:ファーストステップ出版

夫婦2人旅で”観光以上移住未満”の地方の楽しみ方を提唱するシリーズ本第二弾。

移住先人気ナンバー1の信州・長野を取り上げ、「旅するならこんなことをしたい」

「住むならこれは押さえておきたい」というポイントを「たび活」「住み活」(略称タビスミ)と称し、

紹介。夫婦の実体験に基づく笑える漫画も楽しめる。移住に役立つデータ付き。

 

2019.01

『「たび活×住み活」in鹿児島』

大沢玲子・著
刊行・ファーストステップ出版

「旅行以上移住未満」の地方の楽しみ方を紹介する、新たなシリーズ本の第一弾「鹿児島」版。

「旅する&住むなら知っておきたい」ことを「たび活」「住み活」と称し、夫婦のボケツッコミでユルりご紹介。鹿児島県43市町村移住・定住サポート策一覧付。

2018.12

『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣』

田原広一・著
刊行:幻冬舎メディアコンサルティング

創業の融資を支援する株式会社SoLabo・代表取締役・田原広一氏の著書。

取材・記事構成を担当。

2018.06

『美容師を、めざすキミへ。』

編集:リクエストQJ編集部
刊行:ダイヤモンド社

リクエストQJ編集部編集の企画書籍。

トップサロン経営者が語る業界の未来、人材育成の方針などをインタビュー・記事構成。

14社掲載のうち、2社を担当。

2017.02

『不動産業界嫌いの不動産会社社長が教える不動産投資で夢を叶える方法』

著者:蜂谷二郎 刊行:ダイヤモンド社

東京城南エリアでの新築一棟マンション投資を手がけ、急成長中の不動産会社フェイスネットワーク社長・蜂谷二郎氏による著書。独自の投資理論、資金調達のノウハウなどを公開。取材、構成を担当。

2016.11

『あなたの資産を食い潰す「ブラック相続対策」』

発行:幻冬舎メディアコンサルティング

相続対策ビジネスを展開する財産ブレーントラスト代表・秋山哲男氏の著書。取材、原稿構成。

2016.04

『北海道ルール 最新版』

刊行:KADOKAWA

シリーズ30万部突破のご当地ルールシリーズ第17弾! 2011年に刊行、大好評を博した『北海道ルール』に最新情報を加えて、大幅リニューアル。「北海道の旬を斬る!」など、フレッシュな魅力満載の決定版!

2016.04

『思い通りの人生に変わる 女子のための仕事術』

刊行:ダイヤモンド社

女性リーダー研修などの講師として活躍する、株式会社Woomax代表取締役竹之内幸子氏の著書の取材・構成。

働く女性向けのビジネス作法&生き方ハウツー本。会社および家庭、ママ友との人間関係のコツなどを

男性脳・女性脳の違いを踏まえ、竹之内氏ならではの具体的かつユニークな視点でアドバイス!

2016.03

『信州しあわせルール』

刊行:KADOKAWA

シリーズ累計30万部突破のルールシリーズ本の「信州」バージョン。「ずくを惜しまない」「ボケてるリンゴは許さない」「県歌を歌える率日本一」など、この地のあるあるネタに加え、信州ならではの自然の魅力、エリアによる文化や人間のタイプの差なども記述。信州ならではのシンプルなライフスタイル、幸せの形を追求した1冊!

2015.04

『横浜ルール』

ご当地ルールシリーズの15冊目。横浜&神奈川の生活風習や住まう人々の特性などについて、49のルールにまとめ、解説。

2015.02

『群馬ルール』

刊行:KADOKAWA(中経出版BC)

ご当地ルールシリーズの14弾。「登利平の鳥めしは竹が定番」「お祭りの屋台といえば焼きまんじゅう」「上毛かるたは群馬人のたしなみ」など、群馬のあるあるネタ49をおもしろおかしく紹介。

2015.02

『静岡ルール』

刊行:KADOKAWA(中経出版BC)

ご当地ルールシリーズの13冊目。「学校帰りにおでん!」「学校給食でお茶が出た」「”ばか”はバカにしているわけではない」「コンコルドのCMをつい口ずさんでしまう」など、静岡にまつわる生活風習をおもしろオカシク紹介!

ホームプロフィール実績紹介お問い合わせ