読むと行きたくなる。行くと住みたくなる。

たび活×住み活 in宮城

著者: 大沢玲子

“観光以上移住未満”の新しい地方の楽しみ方を提唱する1冊

著者夫婦が今住む東京以外の“第2の居場所”を探し、新たな視点で日本各地を巡るシリーズ本の第9弾。
伊勢神宮など神話レベルの 歴史が根付く一方で世界初の真珠養殖に成功したパイオニアを生み出すなど、“伝統 × 革新”で進化し続ける三重の魅力を歴史オタク な夫、マニアック好きの妻のアラフィフ夫婦が探っていきます。移住先としても人気上昇中の三重の多様な“顔”をお楽しみください!

宮城でやるべきことが詰まっています

  • 日本一かっこいい!? 政宗騎馬像の元祖を知る
  • 仙台が生んだ冷やし中華とハンバーガーにトライ
  • 生産量日本一。ギンザケ養殖の背景を知る
  • 野球観戦だけじゃない! 楽天モバイルパークを楽しむ
  • フィギュアスケート発祥! ゆづファン巡礼の地を訪問
  • 漁師が愛する“陸の味”。気仙沼ホルモンにトライ
  • 海との共存を選んだ女川モデルを知る
  • 町名の読み方が難しい七ケ宿の移住熱を体感

などなど!

登場人物・著者夫婦が独断と偏見で語る「 宮城 、ココがいい!」

妻 レイコ

鹿児島・枕崎市生まれ。好物は国内外を巡り、地元のウマいものを食べ、酒を飲むこと。宮城は、2013年に取材で回り、沿岸部の津波の被害に息をのんだ。今回は改めて食材王国っぷりを堪能。マニアなB級スポット、移住に熱い村・町などを発掘し、魅力を再発見!

夫 ヒロシ

海なし県の埼玉・幸手市出身。職業・税理士。数字と歴史にうるさく、毒舌が得意。宮城県をくまなく巡る綿密な計画を立案し、ウマいものの発掘にも力を尽くした。特に気に入ったのが塩竈のマグロ。片倉小十郎と真田幸村の関係性、松島の意外な歴史など、歴史の深掘りにも注力!

レイコ
宮城は前に執筆していたご当地本シリーズ『仙台ルール』(KADOKAWA)でもいろんなネタを紹介したけど、17冊出した同シリーズの中でも、すごく記憶に残ってる。
ヒロシ
刊行したのは東日本大震災から2年後の2013年だったよね。沿岸部の津浪の被害には言葉が出なかった。今回、改めて県全体を回って思ったのは、“仙台一強!”ということかな。
レイコ
県の人口の約半分が仙台に集中してるってスゴイよね。でも、移住に力を入れて、実際に人口が増えている町・村が結構あるのは意外な発見だった。
ヒロシ
県南の大河原町や柴田町とか、読み方がめちゃくちゃ難しい七ヶ宿町とか。
レイコ
お笑いの(狩野)英孝ちゃんの出身地っていうイメージしかなかった栗原市も、毎年発表される「住みたい田舎ベストランキング2024年版」で選ばれてたし。
ヒロシ
栗原市では、B級スポット的な「細倉マインパーク」で鉱山の歴史を知ることができたのも良かった。ウマい地元グルメで最大の発見は、塩竈のマグロかな。
レイコ
南三陸町で食べたウニやタコ、お取り寄せで食べた気仙沼のメカ(ジキ)しゃぶも目新しかった。
ヒロシ
以前に来た時は何もない状況だった三陸エリアも復興が進んでたのは、うれしい驚きだったかな。
レイコ
もちろん、復興の進め方も違っていて、防潮堤を造らず、町全体をかさ上げしコンパクト化した、人口減少を見据えた女川町のモデルは、2024年1月に起こった能登半島地震でも参考にされているみたい。
ヒロシ
人口減少は日本全国、共通の深刻な問題だな。ともあれ、塩竈のマグロ、絶賛オススメです。
レイコ
そこ? 変わらず夫婦のユルい会話も楽しんでいただければ幸いです。

インスタグラム(@reiko4619)タビスミ in 宮城 をまとめました!

タビスミin宮城 マンガ・アニメのまち、石巻で仮面ライダーに会う!

石巻の街中を歩くと、こういうヒーローたちにあちゃこちゃでお会いします。この地は漫画家・石ノ森章太郎さんの記念館「石ノ森萬画館」があるマンガのまち。

石ノ森さんは、石巻の隣の今の登米市の出身で、自転車で数時間かけて、石巻に映画を観に来ていたそうです。

記念館はもちろん、マンガ好きな人には、見どころ満載。多分、同じカッコして、写真撮ってる人いっぱいいるよね。

私たちが初めて石巻を訪れたのは、震災から2年経った2013年のこと。それから数年ごとに来ると、地元の方が避難されたという日和山から町の変化を観ながら、「あっ、あの建物、新しく建設された?」とか、話しているのです。

そうそう。石巻というと海鮮のイメージが強いかもですが、ご当地の「石巻やきそば」もウマいです、ぜひ!

***************
歴史オタクの夫、酒好きの妻のアラフィフ夫婦が旅を通じて、地方の新たな魅力を深堀りし、応援していくシリーズ本「たび活×住み活」絶賛発売中。最新の9弾・宮城編はプロフィールのハイライトを見てね!

#宮城#宮城観光#石巻市#石巻観光#石ノ森萬画館東日本大震災#震災遺構#三陸町旧防災対策庁舎#旧女川交番#門脇小学校#夫婦旅行#タビスミ#たび活住み活in宮城
...

タビスミin宮城 魚でやるなら日高見だっちゃ

基本的に“酒”と名のつくものは好物ですが、宮城でおいしい魚を食べると、飲みたくなるのが日本酒。切れ味のある辛口とふくよかさのバランスがよい酒が多い!気がします。

特に好んで飲んでいたのが「魚でやるなら日高見だっちゃ」をうたう「日高見」(ひたかみと読みます)。石巻の平孝酒造の看板ブランドで、様々な鑑評会で受賞の常連組ですが、現在の社長が蔵に入った際には、廃業寸前だったとか。そこから約10年を経て「日高見」を世に出し、人気の酒へと浮上させました。

気仙沼の男山本店の「蒼天伝」は気仙沼の青い海と空をイメージし、気仙沼で獲れるカツオやサンマなどの魚に合う酒として開発されたそう。

誰もが知る全国区ブランドの、一ノ蔵や浦霞も宮城の酒。メジャー選手も、いろんな挑戦を経て今があります。

地元の肴には地元の酒。ぜひご賞味を!

***************
歴史オタクの夫、酒好きの妻のアラフィフ夫婦が旅を通じて、地方の新たな魅力を深堀りし、応援していくシリーズ本「たび活×住み活」絶賛発売中。最新の9弾・宮城編はプロフィールのハイライトを見てね!

#宮城#宮城グルメ#石巻#石巻グルメ#日高見#平孝酒造#気仙沼#男山本店#蒼天伝#一ノ蔵#浦霞#夫婦旅行#タビスミ#たび活住み活in宮城
...

タビスミin宮城 塩竈の「ひがしもの」と本マグロの食べ比べ! 

今回、宮城県でいろんな地元グルメを楽しみましたが、改めてのうまいもの発見が塩竈のマグロ。マグロっていうと、青森の大間とか神奈川の三崎、静岡辺りが有名ですが、実は生の本マグロやメバチマグロの水揚げ量日本一を誇るのが塩釜漁港。
塩竈市は人口当たりの寿司店の数日本一の「寿司のまち」でもあります。

特に塩竈独自のブランドマグロが、9~12月限定で塩竈市魚市場の仲買人が厳選する「三陸塩竈ひがしもの」、通称・ひがしもの。
三陸東沖からやってくるメバチマグロという定義から名付けられ、秋になると脂がのり、赤身もやわらかくてジューシー! 本マグロに負けないうまみ爆発ながら、お値ごろなのも魅力です。

我々、塩竈の名店・「すし哲」の仙台駅構内の店で、ひがしものと本マグロのお刺身を食べ比べ! いやー、ゼータク。もちろんどっちもウマい。もう少し手軽に塩竈のマグロを食べるなら仙台駅東口にある「廻鮮寿司塩釜港」がおススメです(塩竈市にもお店あります)。

今んとこ、我らのマグロ史上、断然№1の塩竈のマグロ。「魚も寿司も好きだけど、マグロは別に……」(私がそうだった)という方も、ぜひトライしてみてください!

***************
歴史オタクの夫、酒好きの妻のアラフィフ夫婦が旅を通じて、地方の新たな魅力を深堀りし、応援していくシリーズ本「たび活×住み活」絶賛発売中。最新の9弾・宮城編はプロフィールのハイライトを見てね!

#宮城#宮城グルメ#仙台#塩竈#塩竈グルメ#マグロ#メバチマグロ#ひがしもの#すし哲#廻鮮寿司塩釜港#夫婦旅行#タビスミ
...

タビスミin宮城 フィギュアスケート発祥の地! 羽生結弦ファン巡礼地を巡る

仙台のスポーツといえば、野球の楽天や高校野球の仙台育英、サッカーのベガルタ仙台、バスケの仙台89ERSなどがありますが、これも忘れちゃいけない! 

政宗像がある青葉山のふもとに位置する「五色沼」は、アメリカ人宣教師が子どもたちにスケートの手ほどきをしたのを起点に、フィギュアスケート発祥の地といわれています。

そんな由緒正しき地が生んだ世界的スケーターが荒川静香、羽生結弦。五色沼近くの地下鉄・国際センター駅前には、2人の五輪メダル受賞を記念したモニュメントがあり、特に“ゆづファン”が訪れるスポットとして知られています。

もう1つ、ファン巡礼の地が政宗の霊廟がある瑞鳳殿。政宗さんとスケートに何の関係が?実はファンが見つけた、敷地内にあるスケート靴の形に似た石畳が人気スポットに。ゆづファンのサーチ力、ハンパないわー。

***************
歴史オタクの夫、酒好きの妻のアラフィフ夫婦が旅を通じて、地方の新たな魅力を深堀りし、応援していくシリーズ本「たび活×住み活」絶賛発売中。最新の9弾・宮城編はプロフィールのハイライトを見てね!

#宮城#宮城観光#仙台#仙台観光#フィギュアスケート発祥の地#荒川静香#羽生結弦#国際センター駅#瑞鳳殿#夫婦旅#タビスミ#たび活住み活in宮城
...

タビスミin宮城 両目入りだるまの由来を知る

宮城の工芸品のお話。だるまというと選挙事務所なんかに置かれ、片目を入れて願い事がかなうと、もう片方の目を入れてメデタシ! というイメージですが、宮城のだるまの特徴は両目入り。
独眼だった伊達政宗に配慮したとか。大きな両目で四方八方を見渡して家内安全、無病息災を見守ってくれるともいいます。

もう一つの特徴が、赤ではなく鮮やかな群青色。宮城の海や空をイメージしています。だるまにもお土地柄がありますね。

もう一つがこけし。「昔、おばあちゃん家にあった?」的なイメージかもしれませんが、一周回って(?)、昭和レトロ好きな若者や外国人観光客にじんわりと人気上昇中。

写真は鳴子温泉の郵便局にあった、こけしポスト。こうして見ると、こけしのボディってポストにシンデレラフィットですな。

***************
歴史オタクの夫、酒好きの妻のアラフィフ夫婦が旅を通じて、地方の新たな魅力を深堀りし、応援していくシリーズ本「たび活×住み活」絶賛発売中。最新の9弾・宮城編はプロフィールのハイライトを見てね!

#宮城#宮城観光#鳴子温泉#工芸#松川だるま#こけし#夫婦旅#タビスミ#たび活住み活in宮城
...

たび活×住み活 シリーズ一覧